変形性腰椎症ストレッチ

変形性腰椎症ストレッチで腰痛治療

変形性腰椎症は、ストレッチで治療できる?

 

 

変形性腰椎症は、ストレッチやエクササイズで治療できるのでしょうか?

 

もともと変形性腰椎症は、老化によって椎骨・椎間板・椎間関節が

 

変形することで、発症する腰痛ですから、一時的に痛みを和らげても

 

変形性腰椎症になる根本的な原因を改善しなければ

 

やがて変形性腰椎症が再発してしまう可能性が高いのです。

 

ですから整形外科や整体で痛み止めの治療では不十分です。

 

毎日の生活の中に積極的にストレッチを取り入れることで

 

老化による衰えを防ぎ、脊柱管内の神経を圧迫している

 

原因を取り除くことが、腰に痛みを解消し再発を予防する近道となります。

 

変形性腰椎症を改善するストレッチとは?

 

 

無数の腰痛改善法がありますが、変形性腰椎症を改善するストレッチなら

 

うえだ整骨院の上田康浩院長が考案したストレッチがお勧めです。

 

上田院長は、腰痛解消「神の手を持つ18人」という本の中で

 

一番最初に紹介された治療家として有名です。

 

上田院長の施術を体感した患者の紹介による口コミで

 

うえだ整骨院には、全国から腰痛患者が殺到するようになりました。

 

しかし、来院できない患者が多いのも事実です。

 

そのために上田康浩院長は、自宅でできるストレッチを考案しました。

 

変形性腰椎症を改善するストレッチをDVDで解説しています。

 

変形性腰椎症とは?

年齢を重ねるにつれて、頸椎・胸椎・腰椎で構成されている
背骨は徐々に老化していき、その中で、腰椎が変化して
起こる腰痛のことを変形性腰椎症と言います。

 

 

この変形性腰椎症は、老化によって腰椎を構成している
椎骨・椎間板・椎間関節などが変形することで、
脊柱管内の神経を圧迫してしまい腰に痛みを発症します。

 

 

背骨が老化することで発症しやすくなることから、
中高年の方によく見られる腰痛の原因として知られています。

 

 

 

 

また、ほとんどの変形性腰椎症は、骨の老化によって引き起こされた
ものですが、中には、腰への負担が大きい重労働を仕事にしていたり、
スポーツなどの激しい運動をよくする方でも発症します。

 

 

この変形性腰椎症で、特に変形しやすい箇所が椎間板で
クッションの役割をしている椎間板は、老化が進むにつれて水分が減ってしまい
クッションの役割が失われていき、形が圧力によってつぶれて変形します。

 

 

すると、椎骨同士がこすれてしまうので、椎間関節が擦り減ったり、
椎骨が変形して骨棘(こつきょく)という棘(とげ)のような出っ張りが形成されます。

 

 

この骨棘が脊柱管内の神経を圧迫して、痛みやしびれのような症状を発症するのです。

 

 

さらに、この変形性腰椎症の症状が現れると椎間板が変形して
脊柱管内に飛び出したり脊柱管を狭くしてしまうので、
椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症といった腰痛も同時に発症してしまうのです。

 

関連情報

最近急増している「うつ病」ですが、食事で改善する方法があるのをご存知ですか?荒木裕先生が考案した断糖食でうつ病を改善する【荒木式】うつ病克服プログラムが治療実績が高いと評判です。ぜひ、お試しください。


ホーム RSS購読 サイトマップ