変形性腰椎症の治療

変形性腰椎症の治療

変形性腰椎症の治療とは?

 

老化によって誰にでも起こりやすくなる背骨の変形は、
治療をしても元通りの状態に戻すことはできませんが、
変形性腰椎症特有の痛みやしびれなどの症状がない場合は、
通常はあえて治療をする必要はありません。

 

 

ただし、日常生活もままならないほどの激しい痛みや
しびれがある場合は、治療をしなければなりません。

 

 

変形した骨は元通りにはなりませんが
対症療法によって痛みやしびれを取り除くことはできます。

 

 

そして、この変形性腰椎症で行われる対症療法が、保存療法という治療法なのです。

 

 

まず、薬物療法では、
痛みを抑える消炎鎮痛剤
筋肉の緊張をほぐす筋弛緩剤
神経の機能を回復させるビタミン剤などの内服薬、
消炎鎮痛剤が含まれている貼り薬や塗り薬などの
外用薬などが治療に用いられます。

 

 

また、痛みが激しい場合は、神経ブロック注射によって
痛みを感じる神経の周りに局所麻酔を注射することで、
痛みを和らげることができるようになっています。

 

 

さらに、腰を安定させるコルセットを着用する装具療法、
特殊な器具を使って腰椎を引っ張ることで神経の圧迫を
和らげる牽引療法なども効果的な治療法です。

 

 

他にも、理学療法という治療法があり、
赤外線照射やホットパックによる温熱療法
電気刺激を加える超音波療法、
筋肉へのマッサージなど、血液の流れを良くして
筋肉の痛みを和らげる効果があります。

 

 

これらの治療法を行い痛みが軽くなってきたら腰を支えるために
腰周りの筋肉を鍛える運動療法も徐々に取り入れていきます。

 

 

基本的には、今紹介した保存療法を行うことで
変形性腰椎症の痛みを抑えることができますが、

 

 

保存療法を行っても痛みが引かなかったり
脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアへと進行して
症状が重症化した場合は、手術をしなければならない
場合もあるので注意が必要です。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ