変形性腰椎症の原因

変形性腰椎症の原因

変形性腰椎症の原因とは?

 

 

変形性腰椎症は、ほとんどの場合、年齢を重ねるにつれて
背骨の腰椎が徐々に老化していくことが原因とされています。

 

 

中には、腰に負担が掛かる重労働や激しいスポーツなどを
よくする方でも発症することがあるようですが、老化によって
骨が弱って変形しやすいことから、中高年の方に多く見られる腰痛だと言われています。

 

 

背骨の中でも、最も可動域が広く酷使される腰椎の
老化によって発症し、特に変形しやすいのが椎間板です。

 

 

椎間板には、骨に加わる圧力を和らげるクッション的な役割があり、たくさんの
水分が含まれているゼリー状の髄核と、その周りを覆っている繊維輪で構成されています。

 

 

しかし、椎間板は20代に入ると老化が進み
それに伴って髄核の水分も徐々に減ってしまい、
圧力が加わると形がつぶれて変形していきます。

 

 

そして、周りを覆っている繊維輪を押し上げるように
脊柱管内に盛り上がってきてしまい、神経が通っている
脊柱管が狭くなり、中の神経を圧迫して痛みを発症するというわけです。

 

 

また、椎間板がつぶれて変形して椎骨同士の隙間がなくなるので、
椎間板同士がこすれて変形したり、椎間関節も擦り減ることで、

 

 

骨の増殖反応が起こり、椎骨が変形して骨棘という棘のような
出っ張りが形成され、これも脊柱管を狭くしてしまい神経を圧迫するのです。

 

 

このような椎骨や椎間板などの腰椎の変形が原因となり
神経が通る脊柱管が狭くなることで、脊柱管内の神経が
圧迫されて痛みを生じるのが変形性腰椎症の特徴なのです。

 

関連情報

腰の痛みは本人しか分からない辛さがあります。医者へ行こうにも痛くて行けないなんてことも多く、自宅で治したいと希望する患者さんもいます。そこでお勧めしたい尾が、中川卓爾の中川式ストレッチです。毎日繰り返すことで、腰痛の原因を根本から取り除き、腰痛を起こしにくい体質改善ができます。興味のある方はお試しください。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ